ギョクホー堂 店舗案内 ギョクホー堂 入荷情報 ギョクホー堂 メガネ豆知識 ギョクホー堂 スタッフブログ ギョクホー堂 お問い合わせ
    ホーム > メガネ選びのトリビア
ブランド一覧
補聴器
0102
似合うメガネ選びの実用講座
何百種類、何千種類もあるメガネフレームの中から、あなたの魅力を引き出しあなただけの表情をつくる、そんなメガネを探すコツをご紹介いたします。
エピソード1 メガネ探しの極意は、顔の形と眉にあり。
01:調和と不調和
あなたに似合うメガネには2タイプが存在します。
顔の印象を中和する[調和のメガネ]。そして、個性的だと印象づける[不調和のメガネ]です。

<調和のメガネとは>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メガネを顔にとけ込ませ、気になるフェイスラインをカバーしながら柔軟な表情をつくりだします。
:久米宏さん(違和感無く、メガネが顔に溶け込んでいます。)


<不調和のメガネとは>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

顔との不調和をかもしだすことにより、印象を個性的にして独特の雰囲気を演出します。
:笑福亭笑瓶さん(わざと個性を主張し、独特の雰囲気を醸し出しています。)


どういった印象を相手に与えたいのかをしっかりと決め、まずは調和、不調和その選択から始めましょう。
02:顔のラインとフレームライン
顔の形と同じタイプの玉型を選ばない事が基本となります。
フェイスラインとの繰り返しは、顔の印象を大げさにしてしまいます。
簡単に言うと“丸顔に丸いメガネはダメ!丸には四角を合わせなさい”と言うことです。

もしあなたが、スクエアタイプ(四角)の顔だったら、丸い玉型のフレームを合わせると角張った印象がソフトになります。ラウンドタイプ(丸顔)には四角いタイプを合わせてみるとすっきり縦長に見えます。
 
03:眉の形とフレームライン
フレームのトップラインと眉のラインが平行である事がより美しいメガネ選びのポイントです。
眉が直線なのに対し、フレームラインがラウンド(丸)を描いていたり、眉がラウンドに対してフレームがスクエア(四角)というのはお勧めできません。
更にフレームのトップラインは、眉と接触する位の近さがベスト。
小ぶりのフレームを選ぶとしても、眉とまぶたの中間にトップラインがくるようにしましょう。
 
04:まだまだある顔の作りとフレームラインの相性
顔のつくりが派手である... 顔のパーツが中心に寄り気味だ... etc
人はそれぞれ個性を持っています。

それぞれの顔×様々なフレームライン=私に似合うメガネ

自分の顔を客観的な目で見て下さい。そして、様々な形のメガネを掛けてみて似合うものと似合わないものの傾向を把握しましょう。
ただし、自分の顔の形に合うメガネと言う視点にとらわれすぎてしまうと選択の幅が狭くなります。
自分の短所をおぎなう事が出来るメガネはどれかという視点に変えてみて下さい。
きっと逸品に出会える事ができるはずです。
| ブランド一覧 | アクセサリー | 補聴器 | 店舗案内 | 入荷情報 | トリビア | ブログ | 通販法表記 | お問い合わせ |
Copyright (C) 2006. GYOKUHODO. All rights reserved.